無料で高崎市が行っている安否見守り

2017 年 8 月 15 日

無料で高崎市が行っている安否見守り

高崎市が行っている無料の安否見守り

「あんしん見守りシステム」

ご存知ですか?

「緊急通報装置」と「安否確認センサー」を、高崎市が無料で貸し出し、家庭内で急病又は事故等の緊急事態に陥ったとき、適切に対応するというもの。

適切に対応というと曖昧に聞こえますが、ここが肝です。

セキュリティ会社の安否見守りと違い、緊急通報が入ると高崎市が委託した「安否確認センサー」に連絡が入り、消防署への通報や、近隣住民などの緊急連絡先と連携するというものです。

すべて無料で使える

という点も特筆すべきでしょう。

アルソックやセコムと契約するのと同程度のサービスを無料で受けられるわけですから至れり尽くせりです。

緊急通報ボタンの設置だけであれば、かなり多くの自治体が、取り入れているサービスですが、人感センサーで孤独死を防止するという取り組みはなかなか聞きません。

高崎市は高齢者福祉に力を入れているのだと感じます。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト



転倒検知サービスアルソックの場合(高齢者の安否見守り)

2017 年 8 月 4 日

転倒検知サービスアルソックの場合(高齢者の安否見守り

高齢者向けの安否見守り端末「まもるっく」はアルソックが提供しているサービスです。

一定の衝撃で転倒した場合、自動的にアルソックに通報してくれます。急に具合が悪くなった時は紐を引っ張ることで救急通報する事もできるというもの。

持病がある方や足腰に自信がない高齢者には頼りになるサービスだと思いませんか?

セコムにも同じように転倒感知機能、緊急通報ボタンのついた「マイドクターウオッチ」というサービスがあります。

両者のサービスはとても共通する点がありますが、決定的な違いもあります。

一番大きな違いは、アルソックの提供している「まもるっく」は端末自信から発信でき、端末を通して会話ができるという点です。

セコムの「マイドクターウオッチ」は自宅内ではセコムのホームセキュリティのコントローラーから、外出先で使用する場合は、スマートフォンのダウンロードしたアプリを介してセコムに通報し、端末で会話ができるわけではないという点です。

どちらのサービスが優れているということは一概には言えませんが、安否見守りサービスを検討しているのであれば、どのようなサービスなのか比較してみるのもいいかもしれません。

高齢者の安否見守りを比較している良質のサイトもありますよ!

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト



救急ボタンの付いたリストバンド(高齢者安否見守り)

2017 年 7 月 25 日

救急ボタンの付いたリストバンド(高齢者安否見守り)

急に具合が悪くなったり、転んで転倒して動けなくなった時などを想定した、セコムの「マイドクターウオッチ」のサービスが始まりました。

救急ボタン」機能だけでなく、「転倒検知」機能もついている優れものです。

脳卒中や急な発作、階段や風呂場で転倒したり、突然意識が失われたとき、そのような体の動きを一定時間検出できないときにセコムに自動で救急通報してくれます。

自分でもボタンを押したり、ひもを引っ張ったりという見守りサービスはありましたが、手軽なリストバンド型時計型)で、自動で救急発信してくれるというサービスは今までなかったものです。

脳溢血や脳梗塞だと、ボタンを押すことも叶わないでしょう。

また、脳溢血や脳梗塞は時間が勝負。

処置までにどれだけの時間が経過しているかで、後遺症に大きな差が出てきます。

マイドクターウオッチがどれくらい力になるかはこれからわかっていくでしょうが、一定の効果は出てくるのではないかと思います。

「マイドクターウオッチ」単独では使えないのもネックです。

セコムのホームセキュリティサービスのオプションサービスだからです。

ただ、ポットによる見守りやガスなどの使用量で安否を見守るサービスでも月額3000円以上かかるので、比較検討の余地はありそうです。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト


出会い

介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
有料老人ホーム『入居一時金』  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント