独居老人の見守りにウエブカメラはあり?

独居老人見守りにウエブカメラはあり?

いまや4人に1人が65歳以上という高齢化社会です。

そして、さまざまな理由から、1人で暮らす老人が増えています。

多くの場合は夫に先立たれて、女性が1人で暮らしているパターンですね。

子供は仕事の都合で遠方で暮らし、地元で1人で暮らしている人は多いです。

同居を提案しても、シリア以外ない全く新しい土地で暮らすのはかなりストレスもありますし、やはり住み慣れたところが一番なのです。

でも高齢でひとり暮らしは心配ですよね。

時々電話はしても、何かあったときにわからないので、安否確認できるものが必要になってきます。

でも、自宅にウエブカメラを設置して見守るという話は聴きませんよね。

そう、普及はしていないようです。

やはり、見守られるがわからしたら、気持ちのいいものではないからです。

生活を始終監視されている側からしたら、安心できないし、自分の家なのに、リラックスできないと思います。

あなただったらどうですか?

やっぱり嫌でしょ?

そんな事もあって、最近の主流はセンサーを使ったものや、ポットの使用量やガスの使用量で見守る方法です。

すぐにかけつけらっれる距離に住んでいないのであれば、駆けつけサービスの付いた安否確認システムを選ぶといいですよ。

ホームセキュリティの大手「アルソック」や「セコム」でも3000円~くらいで、緊急駆けつけサービスまで付いた安否確認サービスがあります。

以外に安くて驚いたのではないでしょうか。
湯沸しポットの使用量で安否確認するのと同じ料金で緊急時おかけ付けまでしてくれる緒ですから。

まずはどのようなサービスがあるか、情報を集めたり、資料請求することからはじめてみるといいですよ。

※高齢者の安否確認について詳しいサイト
高齢者の安否確認サービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否確認・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」

コメントをどうぞ


出会い

介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
有料老人ホーム『入居一時金』  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント