高齢者を対象とした地域密着型介護サービス

高齢者を対象とした地域密着型介護サービス

 

高齢者の介護保険は3年に一度制度の見直しがあるので、今はサービスを受けられても、3年後には廃止になっていたり、あるいは新しい制度が始まっていたりするのでとても複雑化しています。

 

介護サービスは要介護度によって受けられるサービスが変わってくるので、介護殿認定を受けていれば、殿サービスが受けられるか、比較的簡単に知る事ができます。

 

しかし、介護度も進行するばかりでなく、回復する事もありますし、認定の基準が変われば受けられる支援が変わってきます。

 

高齢者を対象とした地域密着型介護サービスでは、自治体が指定した介護事業所を、その地域に住民票がある人だけが使用できる施設などもあります。

 

認知症の人が共同生活する「グループホーム」や、小規模の特別養護老人ホームなどがそれに当たります。

タグ: , , , , ,

コメントをどうぞ


高齢者見守りSECOM・ALSOK