高齢者向け優良賃貸住宅

高齢者向け優良賃貸住宅とは
「60歳以上の高齢者を入居対象者とした、バリアフリーなどの一定の条件を満たす、都道府県知事などの認定を受けた賃貸住宅です」
通称「高優賃」とも呼ばれています。

高齢者向け優良賃貸住宅の魅力は、所得によって家賃の助成(家賃補助)が受けられる点でしょう。
これは、事業者に対して国や地方自治体から建設費の一部や、家賃減額に要する費用について補助が行われているためです。
所得が少ない世帯にとって家賃の助成(家賃補助)が受けられることは大きなメリットといえます。

高齢者専用賃貸住宅との違いは、バリアフリー仕様、居室の広さに一定の条件がある点にあります。

【高齢者向け優良賃貸住宅入居対象】
・60歳以上の単身者。配偶者、60歳以上の親族の同居も可能
・連帯保証人、身元引受人要
【利用料(費用)】
・敷金、礼金(物件による)
・火災保険 (物件による)
・仲介手数料(不動産会社を通した場合)
※連帯保証人が立てられない場合は「高齢者居住支援センター」(高齢者住宅財団)による 家賃債務保証制度も利用できます。
事業者は各都道府県に登録、一定の情報を開示するよう定められています。登録内容は高齢者住宅財団のホームページで閲覧することも可能です。

タグ: , , , ,

コメントをどうぞ


出会い

介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
有料老人ホーム『入居一時金』  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント