高齢者安否見守り複合型

高齢者安否見守り複合型

65歳以上の高齢者が4人に1人
これが日本の人口の割合ですが、あと数年で3人に1人が65歳という超高齢化社会に突入します。

それに伴い、一人で暮らす老人も急激に増えています。

老後をどのように暮らすか
有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅、などの老人施設に入居するのか、住みなれた自宅に住み続けるのか、多くの方が日々考えていることと思います。

自宅を売却し、高齢者住宅に入居してしまうと、施設でのトラブルがあったとき、隣人やスタッフと上手く込みニュケーションが取れないときなど、帰る所がなくなってしまいます。

それよりも、近所の人も良く知っている、長年住み慣れた自宅で暮らしたいという答えに行き着く人も多いでしょう。

住み慣れた家で暮らし続けるのであれば、孤独死を防ぐ為にも、何かしらの安否見守りサービスを暮らしに取り入れることをオススメします。

センサー型」「通報型」「コミュニケーション型」など、様々なサービスがありますが、できれば複合型の見守りがオススメです。

それぞれ事情が違うと思うので、見守られる側、見守る側にストレスがかからないような物をピックアップし、お互いが安心感を持って過ごせるようなものを選択することが大事です。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」

タグ: , , ,

コメントをどうぞ


出会い

介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
有料老人ホーム『入居一時金』  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント