スポンサードリンク

‘介護リフォーム’ カテゴリーのアーカイブ

高齢になってからの介護リフォームは大変

2018 年 3 月 29 日 木曜日

高齢になってからの介護リフォームは大変

子供も独立し、夫婦2人の生活に戻ると、生活空間を見直しリフォームを考える人が増えるといいます。

高齢になってからの介護リフォームは大変だし、バリアフリー仕様で、フローリングやドアを変えたり、日常的に長くいる場所を広くしたり、歩行器や車椅子でも自由に移動できるように、介護を前提とした改装を行うんです。

細かく区切られていた部屋をぶち抜いて、一部屋一部屋を広くするケースが多いですね。

介護リフォームというと、手すりの取りつけなどをイメージするけれど、実際はどうなのでしょう。

予算にもよりますが、どこをリフォームするかで金額は大きく変わってきます。

特に費用がかかるのが水周り。

でも、最後まで自宅で過ごすことを考えているなら、元気なうちに、転倒防止のリフォームは済ませておきたいですよね

65歳過ぎての骨折は、治り遅いだけでなく、認知症を引き起こすきっかけにもなりかねないので、できるだけ避けたいところです。

高齢になってからのリフォームは、必要に迫られてからではなく、早目早目があんしんです。

※高齢者の安否確認について詳しいサイト
高齢者の安否確認サービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否確認・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」

高齢者の自宅リフォームいつ頃行うのが最適?(高齢者見守り)

2016 年 12 月 30 日 金曜日

高齢者の自宅リフォームいつ頃行うのが最適?(高齢者見守り)

高齢者の自宅リフォーム件数が増えているといいます。

考えてみれば、日本国内の人口の4人に1人が65歳以上という現在、それも当然のことかもしれません。

高齢者施設に入るよりも、長年住みなれた家に快適に住み続けたいというのは誰も同じではないでしょうか。

高齢者施設に入っても、なれない人たちとの共同生活はストレスもあると思いますし、一度入所してしまうと、なかなかでたり入ったりというのは難しいこともあります。

ではいつ頃リフォームを行えばいいのか。

人によって時期にはばらつきがありますがこれからどのように老後を送りたいかを考える時期、だいたい60代後半くらいが多いようです。

まだまだ元気なうちにバリアフリーにしたり、夫婦2人の生活、1人になったときの生活を考えていきます。

足腰が弱ってからリフォームに踏み切るのではなく、将来どんな生活を送りたいかを考えて、ちょっと元気なうちからリフォームに取り組むということですね。

夫婦が元気なうちはまだいいのですが、どちらか1人になった時は、見守りサービスの検討もしておきましょう。

湯沸しポットで安否確認する高齢者を対象にした見守りサービスもあります。
象印の見守りホットラインというサービスは、月額3000円ほどの利用料金で、見守る側に毎日定期的にポットの使用状況を知らせてくれます。

意外なのが、セコムアルソックのシニアサポート

象印の見守りポットと変わらないくらいの料金殻利用できるのですが、緊急時の駆けつけ対応まで付いています。

高齢者を対象ンしたサービスにはどのような安否家訓サービスがあって、どのくらいの利用料金なのか知っておくのも大事だと思います。

高齢者見守りセコムとアルソックを徹底比較

介護リフォーム、費用の目安は?

2016 年 2 月 26 日 金曜日

介護リフォーム、費用の目安は?

 

 

介護リフォームの費用の目安ですが、どの程度のリフォームを行なうかで費用は大きく違ってくるので、一概には言えません。

 

手すり程度のリフォームでしたら介護リフォーム助成金の範囲内で賄えます。

 

しかしトイレや風呂などの水周りをリフォームするとなると、桁が違ってきますし、工期も長くかかります。

 

床を畳からフローリングにしたり、扉を引き戸式にしたり、バリアフリーのリフォームはやはり大掛かりでリフォーム料金もそれなりにかかってきます。

 

体が不自由になってきた時に、高齢者施設に入居するのか、自宅で暮らすのか、ココもリフォームを検討するときの大きなポイントです。

 

老人ホームやサ付き住宅は、介護度が進んだ時に退去しなければならない事もあるので、その点も踏まえて、リフォームするのか老人施設にするのかも検討する必要があります。


高齢者見守りSECOM・ALSOK