スポンサードリンク

‘認知症について’ カテゴリーのアーカイブ

街を歩く人の高齢化…

2017 年 7 月 13 日 木曜日

街を歩く人の高齢化

最近気がついたことがある

街を歩く人の割合だが、確実に高齢化していること。

人口の4人に1人が65歳以上なのだから当たり前と言ってしまえば当たり前なのだが、手押し車を押して歩く人、白髪の人の数があまりにも多くなっているのにやはり驚きを隠せない。

時間は誰しも同じに過ぎるわけだし、私自身、同じように年をとっていくわけだからあれこれいえるわけではないけれど、やはり思ってしまう。

若い人、減ったなぁって。

高齢化社会がこれからますます加速して、人口の3人に1人が65歳以上になるのもまもなくのようだ。

介護の問題、高齢者施設の問題、高齢者の住宅の問題、孤独死生活保護、ほんとに様々な問題が深刻化しそうだ。

若者の人口が少なければ、老老介護の道しかない。

それとも、海外からの移住を認めて、外国から働きに来ている人たちから介護してもらうのか…

今は大きな岐路なんだと思う。

※高齢者の見守りについて詳しいサイト紹介
高齢者見守りアルソックセコムを比較
高齢者見守り比較サイト

徘徊対策にGPSは有効?

2017 年 6 月 11 日 日曜日
徘徊対策GPSは有効?

 

最近よくニュースなどでGPS(位置情報)端末を使った警察の捜査ニュースを目にします。

 

そんなに簡単にGPS(位置情報)端末って手に入るのかなと思って気になってて、たまたまネットで検索してみたところ販売されているんですね。

 

驚きました。

 

それで認知症の徘徊対策に役に立つのではないかと思ったわけです。

 

認知症で心配なのは、家族が気がつかないうちに勝手に外に出て帰ることができなくなってしまうパターン。

 

交通事故や転倒、怪我も心配です。

 

近所で見つかればいいですが、最近の徘徊はバスに野って遠くへ出かけるケースもあるので認知症の人口が増加すると、思いつかないようなケースもでてくるのではないかと思います。

 

実際、家に帰れなくなって、どこの誰かもわからないまま、保護された地域の老人施設で暮らす高齢者も少なくないというか、実際かなりの数に上っているという事実もあります。

 

服や襟の裏、靴の中に連絡先を書いておくという方法もありますが、最近は手の込んだ詐欺も横行しているので、事件に巻き込まれる心配を考えると何とも言えません。

 

GPS端末を購入するのは…
という方は、ココセコムもいいですよ。
月額1000円程度の利用料なので年々利用者が増えているサービスです。
GPS機能のついた端末を身につけることで、緊急時にセコムが駆けつけてくれるというもの。
もちろん家族が位置情報を見ることもできます。
アルソックにも同じようなサービスで「まもルック」というものがありますよね。

 

GPSを使ったみまもりサービスは、家族にも居場所がすぐにわかりますし、依頼があれば隊員がすぐに駆けつけてくれるという安心感があります。

 

まずはどのような取り組みがあるのか調べて、安心して生活できるよう準備しておく事が大事です。

 
※高齢者の見守りについて詳しいサイト紹介
高齢者見守りアルソックセコムを比較
高齢者見守り比較サイト

認知症は人事ではない

2017 年 5 月 8 日 月曜日
認知症は人事ではない
認知症というと、徘徊老人のイメージがありますが、最近は「若年性アルツハイマー」も増加しているので、人事ではありません。
また、認知症になると一気にボケるわけではなく、症状は徐々に進行する方がほとんどのようです。
記憶喪失は、ある日突然以前の記憶がなくなるわけですが、認知症は虫食いのように記憶がところどころなくなって、その虫食いが大きくなってくると重症という事になるようです。
いまはかなりお薬の開発も進んでいて、症状の進行を遅らせることもできるようになって来ているようです。
アルツハイマーというと、昔は老人病、年寄り病のように言われていましたが、最近は「若年性アルツハイマー」も多くなってきています。
「私の頭の中の消しゴム」というタイトルの映画は、若年性アルツハイマーにかかった若い女性の話でした。
アルツハイマーの原因はよくわかりませんが、どのような病気でも、早期発見できれば早めに対策を講じる事ができます。
一定の年齢になったら、定期的に検査を受けておく事も大事です。

出会い

介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
有料老人ホーム『入居一時金』  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント