スポンサードリンク

‘高齢者向け賃貸住宅’ カテゴリーのアーカイブ

高齢者施設運営会社が傾くと退去もあるの?

2016 年 2 月 22 日 月曜日

高齢者施設運営会社が傾くと退去もあるの?

 

高齢者施設の運営も大変だといわれています。

 

高齢者施設の経営が傾くと、入居している方たちに即、影響が出てきます。

 

高齢者施設の入居を決める際は、経営状況も見ておくことが大事。

 

経営母体はどこなのか、連携施設、提携病院は充実しているか、もしもの時の対応策は考え

られているのか、などは必ず確認しておく必要があります。

 

以前と違って、入居一時金の支払い制度は廃止になりましたが、利用料金の一部前払い制度を取っている施設もあります。

 

高齢者施設根の入居は通常の引越しと違って、年齢的にも体力的にも、負担が大きいものです。

 

施設運営会社の経営状態によっては退去、移転も今後は起こってくる可能性はあると思います。

シニアマンション(高齢者マンション)

2010 年 2 月 28 日 日曜日

「シニアマンション」は「シルバーマンション」とも云われ、高齢者を対象とした分譲、あるいは賃貸のマンションです。
法的な規制がないことから「高齢者ケア付きマンション」などの呼び名もあります。

緊急時の対応や居室の仕様、食事の提供、医療機関、提携医などは、各シニアマンション毎に違うので、自分にとって必要なサービスは何かを明確にしておくと比較検討しやすいでしょう。
豪華設備を配したシニアマンションもありますが、豪華設備はその分維持管理費がかかることも忘れてはいけません。
子供が相続した場合、居室を利用しない場合でも維持管理費だけは支払いが発生するからです。

有料老人ホームとシニアマンションの大きな違いは「資産として保有を選ぶか、終身利用権を選ぶか」にあるといえます。

【シニアマンションのメリット】
資産として保有できます
相続・売却・賃貸が可能
加齢に配慮したサービスの提供
プライバシーが守られる

【シニアマンションのデメリット】
共用スペースが広いため譲価格や維持管理費が高めに設定してある
利用にかかわらず維持管理費の支払いが発生する

シニアマンションを選ぶ際は介護が必要になった時の対応を必ず確認しておきましょう。
最近の物件では、テナントとして介護事業者やクリニックが入っているところもでてきました。

高齢者向け優良賃貸住宅

2010 年 2 月 26 日 金曜日

高齢者向け優良賃貸住宅とは
「60歳以上の高齢者を入居対象者とした、バリアフリーなどの一定の条件を満たす、都道府県知事などの認定を受けた賃貸住宅です」
通称「高優賃」とも呼ばれています。

高齢者向け優良賃貸住宅の魅力は、所得によって家賃の助成(家賃補助)が受けられる点でしょう。
これは、事業者に対して国や地方自治体から建設費の一部や、家賃減額に要する費用について補助が行われているためです。
所得が少ない世帯にとって家賃の助成(家賃補助)が受けられることは大きなメリットといえます。

高齢者専用賃貸住宅との違いは、バリアフリー仕様、居室の広さに一定の条件がある点にあります。

【高齢者向け優良賃貸住宅入居対象】
・60歳以上の単身者。配偶者、60歳以上の親族の同居も可能
・連帯保証人、身元引受人要
【利用料(費用)】
・敷金、礼金(物件による)
・火災保険 (物件による)
・仲介手数料(不動産会社を通した場合)
※連帯保証人が立てられない場合は「高齢者居住支援センター」(高齢者住宅財団)による 家賃債務保証制度も利用できます。
事業者は各都道府県に登録、一定の情報を開示するよう定められています。登録内容は高齢者住宅財団のホームページで閲覧することも可能です。


出会い

介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
有料老人ホーム『入居一時金』  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント