高齢者の安否確認って海外ではどんな取り組みがあってる?

2018 年 1 月 28 日

高齢者安否確認って海外ではどんな取り組みがあってる?

日本と同じように、先進国の多くは高齢化が進んでいます。

そして国が違えば、安否確認、高齢者の見守りに対する取り組みも少しづつ違っています。

アメリカではITやテレビなどを使った見守り、そしてイギリスでは電話を使った見守りが行われています。

電話といっても、オペレーターが定期的に安否を確認するのではなく、24時間いつでも通話料無料で電話をかけることができ、話し相手、相談相手になってもらえるというものだそうです。

必要に応じて公的なサービスとも連携できて、とにかく高齢者が孤独を感じず、安心して暮らせるためのホットラインを設置しているというのです。

はじめ聞いた時は、電話ねぇ…

と思いましたが、いつでも電話で話しができるというのはやはり心強いだろうなと思いました。

Silver Lineというサービスだそうです。

見守りにも色々ありますが、やはり人のぬくもりをかんじることのできるイギリスのようなサービスが、一番求められているような気がしました。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト



高齢者見守りイギリスでは電話を使って安否確認

2018 年 1 月 25 日

高齢者見守りイギリスでは電話を使ってるようです

高齢化が進んでいる先進国の中で、暖か味を感じるのがイギリスのSilver Lineです。

イギリス全土、どこからでも通話料無料で電話をかけることができ、話し相手になってもらえるというんです。

1人暮らしの老人にとって、いつでも自分の話を聞いてくれる相手がいるというのは、それだけでも気分が違うでしょう。

1人で暮らしているとどうしても孤独を感じたり、不安が募ってくると思います。

孤独にさせない、安心して暮らしてもらう…そんな見守りがもとめられていると思います。

カメラやセンサーでの見守りは単なる信号の伝達だけで、見守られる側の話をきいてくれるわけではありません。

家族がしょっちゅう電話してくれる人はいいけれど、そうではない独居老人もいるんですよね。

イギリスのような安否見守りサービスが、日本に導入されるとは思いませんが、さすがイギリスだなと思いました。

やはり、人と人との繋がりって、あたたかいですよね。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト



高崎市の「高齢者等あんしん見守りシステム事業」

2018 年 1 月 10 日

高崎市の「高齢者等あんしん見守りシステム事業」

高崎市では、ひとり暮らし高齢者の見守りを強化しているという記事を見ました。

そしてその内容を見て、素晴らしいなと思いました。

自治体でも、高齢者の見守りにこれだけのことができるんだなって。

高齢者等あんしん見守りシステム事業の概要は
65歳以上のひとり暮らし、高齢の二人暮し、真タラコ例類する世帯には緊急通報ボタンと安否確認センサーを無料で貸し出しますというもの。

もちろん貸し出すだけではなく、緊急時には24時間365日対応してくれるというものです。

まるで有料のセキュリティサービスのようですよね。

通報を受け付けるのは、市から委託された見守りセンター。
もちろん、近隣住民などと連携して対応に当たるのですが、そのようなシステムが作られているところがすごいなと思うのです。

近隣住民の協力なくして、なかなかできないことですが、このような取り組みが高崎市だけでなく、全国的になればほんとにいいなと思います。

誰でも必ず年を取っていくわけですし、今目の前にいる高齢者は、将来の自分の姿であるかもしれないんですから。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト


出会い

介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
有料老人ホーム『入居一時金』  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント