スポンサードリンク

‘アルソック’ タグのついている投稿

「いまイルモ」高齢者見守り安否確認

2017 年 1 月 23 日 月曜日

いまイルモ」高齢者見守り安否確認

「いまイルモ」はソルクシーズ (東京)が行っている高齢者の見守りサービスです。

見守られる側の住まいに、センサーを取り付けて安否を確認します。

たとえば、よく利用するトイレ、玄関、居間などにセンサーを設置して、反応を感知することで元気でいることを確認します。

見守る側は、センサーで感知した情報を、スマートフォンやタブレット端末、pcなどから閲覧することができます。

センサーを使った見守り安否確認サービスはさまざまなものがありますが、どれも情報を送信するだけで、見守られる側に異常があっても、駆けつけてくれたり、要請して見に行ってくれるサービスは少ないです。

セコムの高齢者見守り や、アルソックの高齢者見守りは、同じくらいの使用料金でも、緊急時の駆けつけサービスがあるのが大きな違いではないでしょうか。

高齢者の見守りサービスを分かりやすく比較しているサイトを見つけたので、参考にするといいかもしれません。

※高齢者見守りセコムアルソックを徹底比較

「あけしめチェッカー」高齢者の安否確認、見守りサービス

2016 年 12 月 9 日 金曜日

「あけしめチェッカー」高齢者の安否確認、見守りサービス

「あけしめチェッカー」はウェアポートが提供している高齢者の安否確認見守りサービスです。

トイレのドア等に「あけしめチェッカー」を取り付け、ドアの開閉を記録し、一定時間内に開閉がない場合に異常と判断して、予め登録のある家族などにメールで異常を通知します。

カメラなどと違って、プライバシーが守られる点は、見守られる側にとってもストレスが少ないかもしれません。

最近の高齢者向けの安否確認サービスは、センサーを使用したものや、定期的に利用するものでチェックするタイプの見守りが多いです。

セコム(secom)やアルソックなどのセキュリティー会社の見守りシステムは、料金的に高いのではと思われがちですが、意外にリーズナブル。

初期費用0スター0とプランだと、セコムやアルソックでも3000円くらいからのコースもあります。

サービスも色々あるのでまずは情報を集めてみることが大事です。

パンフレットを見るとすぐに決めてしまいたくなるかもしれませんが、まずはじっくりと見て、比較してみるのも大事です。

セコムやアルソックは資料請求は無料なので、まずはパンフレットを取り寄せることから始めてみてはどうでしょうか。

高齢者の見守りサービスはどこを選べばいいの?

2016 年 11 月 15 日 火曜日

高齢者見守りサービスはどこを選べばいいの?

高齢者の見守りサービスも続々と参入していて、選択肢が増えるのはいいことだと思いますが、どこを選んだラいいのか、迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?

ポットの使用量だとか、ガスの使用量で安否確認するのがいいのか、センサーやカメラによる安否確認が最適なのか、宅配弁当で食事と安否確認をしてもらうサービスがいいのか…。

選択肢が増えることによる悩みというのもありますよね。

そうそう、大事なことのひとつに、月額どのくらいの費用がかかるのかも気になるところです。

大切な安全に関わるサービスだし、金額だけで決めてしまうのはどうかとも思いますが、見守りサービスにも相場があると思います。

すぐに「コレ」と決めてしまわず、月に出せる費用はいくら位までなのかを念頭において、費用や見守りサービス内容の情報収集からはじめてみましょう。

セコム(secom)やアルソックなどのセキュリティ会社が提供している高齢者シニア向けの見守り安否確認サービスも、3000円ほどからと、思っているよりリーズナブルな料金設定もあって検討の余地があります。

セコム(secom)やアルソックと聞くと、トップブランドだけに高いというイメージがありますが、実際はそうでもないんですよね。

資料請求は無料なので、パンフレットだけでも送付してもらうとと参考になるかもしれません

どのくらいの、どの程度のみ守りが必要か、を考えるいい機会になると思います。


出会い

介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
有料老人ホーム『入居一時金』  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント