スポンサードリンク

‘名古屋市’ タグのついている投稿

愛知県名古屋市中区の老人施設・介護施設・老人ホーム

2011 年 3 月 14 日 月曜日

愛知県名古屋市中区の老人施設介護施設老人ホームの紹介です。

◆老人保健施設康陽
愛知県名古屋市東区代官町3-2
【TEL】052-932-1686
【事業内容】介護老人保健施設


【TEL】
【事業内容】


◆(株)生活科学運営生活相談室
愛知県名古屋市中区新栄3丁目20-28
【TEL】0120-864194
【事業内容】介護老人保健施設

◆メディケア栄
愛知県名古屋市中区栄5丁目7-25
【TEL】052-262-7070
【事業内容】介護老人保健施設

◆セダー(株)
愛知県名古屋市中区栄5丁目25-28
【TEL】052-264-4801
【事業内容】介護老人保健施設

◆らもーれ栄
愛知県名古屋市中区栄5丁目4-20
【TEL】052-238-1222
【事業内容】介護老人保健施設,有料老人ホーム

◆老人保健施設セントラーレ
愛知県名古屋市中区金山5丁目8-1
【TEL】052-882-4165
【事業内容】介護老人保健施設

◆老人保健施設丸の内
愛知県名古屋市中区丸の内1丁目2-6
【TEL】052-222-3000
【事業内容】介護老人保健施設,短期入所施設,デイケア

ワンポイントアドバイス♪
シニアマンションとは
高齢者を対象とした分譲、あるいは賃貸のマンションです。
法的な規制がないことから「高齢者ケア付きマンション」「シルバーマンション」などの呼び名もあります。
介護施設と違い、介護体制は整っていませんが、高齢者対応の施設が充実していたり、テナントとして介護事業者やクリニックが入っている施設もあります。
緊急時の対応や居室の仕様、食事の提供、医療機関、提携医などは、各シニアマンション毎に違うので、自分にとって必要なサービスは何かをピックアップしておきましょう。。
有料老人ホームとシニアマンションの大きな違いは「資産として保有を選ぶか、終身利用権を選ぶか」にあるといえます。

愛知県名古屋市千種区の老人施設・介護施設・老人ホーム

2011 年 3 月 13 日 日曜日

愛知県名古屋市千種区の老人施設介護施設老人ホームの紹介です。

◆介護老人保健施設ちよだ
愛知県名古屋市千種区千代田橋1丁目1-1
【TEL】052-711-6131
【事業内容】病院・療養所,介護老人保健施設,眼科,ケアプラン作成事業,外科,在宅介護サービス,整形外科,短期入所施設,デイケア,内科,人間ドック,脳神経外科,泌尿器科,皮膚科,放射線科,訪問看護ステーション,リハビリテーション科


◆指定居宅介護支援事業所ちよだ
愛知県名古屋市千種区千代田橋1丁目1-1
【TEL】052-711-6131
【事業内容】病院・療養所,介護老人保健施設,眼科,ケアプラン作成事業,外科,在宅介護サービス,整形外科,短期入所施設,デイケア,内科,人間ドック,脳神経外科,泌尿器科,皮膚科,放射線科,訪問看護ステーション,リハビリテーション科

◆メディカルホーム大久手
愛知県名古屋市千種区大久手町5丁目5-1
【TEL】052-735-0551
【事業内容】介護老人保健施設

◆有料老人ホームソレイユ千種
愛知県名古屋市千種区千種2丁目22-1
【TEL】052-745-8171
【事業内容】介護老人保健施設

ワンポイントアドバイス♪
ケアハウスとは
生活支援を中心とした高齢者施設で、見守りと食事の付いた老人施設といった趣が強い施設です。
軽費老人ホームAと違い、入居の条件に所得制限がないため、入居に関するハードルは低いといえます。
介護が付いているように思われがちですが、実際には介護体制は整っていません。しかし、ほとんどの施設が24時間スタッフが常駐しており、緊急の場合も安心です。
ケアハウス事業者には、国や都道府県による建設費助成があります。
また利用者には年収に応じて国庫助成があるので高齢者にとって費用面の負担が軽く、割安な費用で入居できることが特徴です。

愛知県名古屋市熱田区の老人施設・介護施設・老人ホーム

2011 年 3 月 12 日 土曜日

愛知県名古屋市熱田区の老人施設介護施設老人ホームの紹介です。

◆介護老人保健施設かなやま
愛知県名古屋市熱田区桜田町9-3
【TEL】052-883-0080
【事業内容】介護老人保健施設


◆みなと医療生協介護老人保健施設あつたの森
愛知県名古屋市熱田区五番町3-16
【TEL】052-654-8356
【事業内容】介護老人保健施設

ワンポイントアドバイス♪
生活支援ハウスとは
介護支援機能、住居機能、交流機能を総合的に提供する高齢者向けの福祉施設です。
入居期間は3カ月を目安としている施設も多く、仮住まいて的な要素が強いのも特徴です。
生活支援ハウスの入居対象者は、60歳以上(施設によっては65歳以上)で身の回りのことは自分でできるけれど、生活に不安がある高齢者です。
生活支援ハウスへの入居には各市町村長の判定が必要です。
介護サービスは介護保険の居宅サービスを利用します。


出会い

介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
有料老人ホーム『入居一時金』  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント