スポンサードリンク

‘安否確認’ タグのついている投稿

離れて暮らす親の安否確認サービス(郵便局)

2018 年 5 月 29 日 火曜日

離れて暮らす親安否確認サービス(郵便局)

高齢化が進み、1人暮らしの老人が増えてきました。

歳を取ると、老人施設やシニアマンション、サービス付き高齢者住宅に住みかえるか、自宅で最後まで暮らすか、厳しい選択に迫られますよね。

高齢者施設に入居する事は考えず、住み慣れた家で最後を迎えたいという老人も多くいます。

1人暮らしの高齢者の増加を背景に、2018年から全国の郵便局で1人暮らしの高齢者の安否確認サービスが始りました。

訪問型の安否確認
月額費用は
月に1回30分ほどで2500円(税別)
直接訪問して健康状態や食事、睡眠などの基本的な項目を質問していきます。

見守り電話サービスは
自動音声で安否を確認
980円と1180円と2種類で、携帯電話のほうが少し高めです。

駆けつけサービスは
月額800円ですが、
緊急時の駆けつけには1回1時間までで5000円の別料金です。

駆けつけるのは郵便局員ではなく、大手ホームセキュリティ会社のセコムやアルソックの隊員…。

簡単に言うと、業務委託の契約なので、駆けつけサービスを利用する場合は、セコムやアルソックとも別途契約しなければいけなくなるんですね。

長年培ったノウハウと実績があるので安心ではありますが、それなら何も郵便局に見守りサービスをお願いしなくてもいいような気もしないではありません。

ただ、慣れ親しんだ郵便局員さんが毎月訪問してくれるのは、やはり高齢者にとっては嬉しい訪問者かもしれませんし、地元の情報などもわかったり、犯罪防止にはいいかもしれませんね。

ちなみにセコムアルソックの見守りは、月額3000円からシニアの見守りプランがあります。

※高齢者の安否確認について詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト
高齢者安否見守り「まもるっく」

高齢化が進むイギリスの「高齢者見守りサービス」とは

2018 年 2 月 9 日 金曜日

高齢化が進むイギリスの「高齢者見守りサービス」とは

イギリスでも高齢者の増加は担当大臣ができるほど深刻化しています。

イギリスでは360万人以上の高齢者ひとり暮らしです。

日本も独居老人問題は深刻ですが、先進国はそこも同じなんですね。

イギリスでは、このような1人暮らしの老人を孤立させない為に、Silver Lineという活動を行っています。

Silver Lineはボランティアと寄付によって支えられ、コミュニケーションを大事にした活動が中心です。

たとえば、Silver Line には60歳以上の人なら誰でも24時間いつでも、イギリス全土のどこからでも通話料無料で電話をかけることができます。

そこで自分の話を聞いてもらったり、相談相手になってもらえます。

必要であれば、適切な団体や公的サービスと連絡を取り合い、適切な対応をしてくれるというものです。

24時間電話で話を聞いてくれる…なんだかイギリスらしい感じがします。

機械的な処理ではなく、人の暖か味を感じるというか、ITを駆使しないところがいかにもイギリスらしいと思いました。

非営利なので、Silver Line のサービスを運営していくには寄付という形が取られますが、そこもまたイギリスらしい気がしました。

ITが良いとか悪いというのではなく、1人暮らしの高齢者が孤独を感じることなく、安心して住める社会、孤独死のない社会が望まれているんですよね!

※高齢者の安否確認について詳しいサイト
高齢者の安否確認サービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否確認・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」

高齢者の安否確認って海外ではどんな取り組みがあってる?

2018 年 1 月 28 日 日曜日

高齢者安否確認って海外ではどんな取り組みがあってる?

日本と同じように、先進国の多くは高齢化が進んでいます。

そして国が違えば、安否確認、高齢者の見守りに対する取り組みも少しづつ違っています。

アメリカではITやテレビなどを使った見守り、そしてイギリスでは電話を使った見守りが行われています。

電話といっても、オペレーターが定期的に安否を確認するのではなく、24時間いつでも通話料無料で電話をかけることができ、話し相手、相談相手になってもらえるというものだそうです。

必要に応じて公的なサービスとも連携できて、とにかく高齢者が孤独を感じず、安心して暮らせるためのホットラインを設置しているというのです。

はじめ聞いた時は、電話ねぇ…

と思いましたが、いつでも電話で話しができるというのはやはり心強いだろうなと思いました。

Silver Lineというサービスだそうです。

見守りにも色々ありますが、やはり人のぬくもりをかんじることのできるイギリスのようなサービスが、一番求められているような気がしました。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト


高齢者見守りSECOM・ALSOK