スポンサードリンク

‘安否確認’ タグのついている投稿

あんしんネットワーク(ホームネット)(東京)

2017 年 3 月 16 日 木曜日

あんしんネットワーク(ホームネット)(東京)

ホームネットが提供している「あんしんネットワーク」と言うサービスをご存知ですか?

対応地域が東京に限られるんですが、都会だから対応できる優れた高齢者サービスだなという印象を持ちました。

サービス内容は
緊急通報+健康・生活サポートなのですが、緊急事態が発生した時の対応がとてもユニークなんです。

見守られる側の高齢者が電話機に取り付けた緊急通報装置を押すと、「緊急事態発生」と自動音声が流れ、受信センターに通報。

受信センターは、走行中のタクシーもしくは待機中の支援車両に救援を指示し、緊急出動員を直ちに現場に急行、適切な指示・対応を行うというもの。

東京の街中であれば、タクシーの台数も多いと思いますし、すばやく対応できる可能性も高いですよね。

緊急通報の際、会話が出来ない状態でも、受診センターが現場の状況をつかめない場合でも、いち早く到着した緊急出動院の報告から、適切な指示や対応が期待できるのも素晴らしいなと思います。

ただ、対応地域は東京なので、東京意外に住んでいる高齢者には、いくら良いサービスでも利用することは出来ません。

アルソックやセコムも高齢者の見守り安否確認サービスに力を入れています。

ホームセキュリティーのノウハウを活かしつつ、リーズナブルな価格(3000円前後)で高齢者見守り安否確認サービスを行っています。

想像していたよりも安くて驚きました。
やはり情報を集めてみるって大事ですね

高齢者見守りセコム アルソックを徹底比較

高齢者の見守り・安否確認サービス比較

高齢者の安否確認サービスはどれを選ぶ?

2017 年 3 月 4 日 土曜日

高齢者の安否確認サービスはどれを選ぶ?

高齢者の見守りサービスも様々なものが出てきました。
でもいろいろ調べていくと、いくつかの型があって、だいたい4つに分類される事に気がつきました。

①機器の使用状況をメールで知らせる安否確認サービス
湯沸しポットの使用量、ガスの使用量、コーヒーマシーンの利用、トイレの水洗、などの情報をメールで知らせる。

②緊急ボタンの設置
見守られる側の居室に、緊急ボタンを設置し、ボタンを押すことで緊急を知らせる

③人感センサーによる安否確認
よく通る場所や居室、トイレのドア、などに人感センサーを取り付け、一定時間反応がなかった場合などに異常を知らせるメールを配信する

見守りカメラによる安否確認
居間などにwebカメラを設置して、PCやスマホで画像確認する。(見守る側・見守られる側双方にネット環境が必要)

ほとんどの場合、月額料金は2000円~5000円ほどで、一般的には3000円くらいが多いように感じました。

ただ、どのサービスも、単体では心もとないように感じます。

それは、どれも緊急事態を知らせてくれることはあっても、駆けつけサービスはないというところです。

いろいろ調べてみると、セコムもやアルソックも、高齢者向けの安否確認サービスに力を入れているのを知りました。

大手セキュリティ会社なのでさぞかし高額だろうと思って見て見ると、月額料金は3000円前後から…。

そして緊急の場合は駆けつけサービスもあります。

緊急時の駆けつけサービスがついてこの価格は検討の余地がありますよね。

高齢者の見守り安否確認サービスは、まずは情報を集めてみて、比較検討するのも大事だなと思いました。

高齢者見守りセコムとアルソックを徹底比較

周南マリコムの 高齢者見守りサービス「さすがの早助」

2017 年 2 月 4 日 土曜日
周南マリコムの 高齢者見守りサービスさすがの早助
周南マリコムが提供している高齢者見守り安否確認サービスが「さすがの早助」。
全国ネットではないので、利用できる地域は限られていますが、緊急時の対応の行っているサービスです。
【対応地域】
山口県・広島県・島根県
宮崎県・鹿児島県・大分県・福岡県
【サービスの概要】
・24時間の受付対応
・緊急通報
・安否確認
・健康・生活サポート
緊急通報と健康相談で高齢者の生活や健康をサポートしてくれます。
見守られる側の居室にパネル形式のボタンを設置。
相談ボタンを押せば、看護師・保健師・栄養士を含む、専任オペレーターに、健康上の不安相談が
出来ますし、安否確認としても利用できます。
緊急ボタンを押せば「早助センター」につながり、オペレーターと会話が出来ます。
話が出来ない状態などでも緊急を察知した場合は救急車の出動要請を行ったり、家族への連絡も行ってくれます。
緊急通報を受け付けているサスケセンターは、24時間体制で看護師・保健師・栄養士を含む、専任
オペレーターが対応してくれるという安心感があります。
「さすがの早助」以外にも高齢者の見守り安否確認サービスは色々あります。
ただ、どこを選んでいいか判らないという声をよく聞くんですよね。
セコムの高齢者向けサービスや、アルソックのシニアサポートも、意外に手頃な料金で利用できる
のをご存知ですか?
大手のセコムやアルソックでも高齢者を対象にした見守り安否確認サービスは3000円くらいから
あります。
意外に安いので驚く方も多いです。
発信拠点も多く、緊急時のノウハウが確立していて、何より緊急時に要請したら直ちに安否を確認
に向かってくれるのが助かります。
見守りサービスを選ぶ時は、やはりしっかり情報収集することが大事だと思います。

出会い

介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
有料老人ホーム『入居一時金』  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント