スポンサードリンク

‘老人’ タグのついている投稿

高齢者の見守りはどこを選ぶ?

2016 年 10 月 4 日 火曜日

高齢者の見守りはどこを選ぶ?

高齢化社会といわれて数年立ちますが、今、日本の人口の25%以上が65歳以上の老人が占めています。

一人暮らしの高齢者世帯も増えてきている事から、多くの企業がさまざまな形で高齢者の見守りサービス安否確認システムに参入してきました。

安否確認システムなどのサービスがゾクゾクとでてくるのはよいのですが、実際にどんなサービスがあって、どのサービスを利用すればいいのかわからないという現実もあります。

選択肢が豊富にあることはよいことと思うのですが、選択肢が増えることによって生じる悩みというものがあるのもあるんですよね。

どこがどう違うのか、自分だったらどの安否確認サービスを選ぶのが適切なのか、そんな疑問の声が聞こえてきそうです。

もしも見守りサービスの選択で迷ったら、自分の現状を書き
出してみます。

そしてどのような見守りをして欲しいか
毎日1度は安否確認に来て欲しいとか
電話をかけて欲しいとか
緊急時にボタンを押すだけで駆けつけるようなセコムアルソックのようなサービスが欲しいとか
ガスやポットの使用量で生きている事を確認するだけでよいとか。

自分に必要なサービスを洗い出して、受けるサービスを決めるのが良いのではと思います。

認知症と頭の体操

2016 年 5 月 16 日 月曜日

認知症予防頭の体操

認知症になるのでは…と不安になる気持ち分かります。

私の知り合いは、クロスワードパズルや、スマホゲームや能トレで頭の体操を行なっている人もいます。

けっこう高齢者には効果はあるようで、頭を使って考える行為は認知症予防になるようです。

高齢者にとっては手先を使う仕事も言いという事で、食事のしたくも認知症の予防になりますよね。

献立を考えたり、作る手順を考えたり、買い物のリストを作ることだってボケ防止、認知症予防には役立つと思います。

それに加えて、体を動かす事も取り入れると更に言いそうです。

体と脳はボケ防止の部分においても、深い繋がりがあるらしく、単なる運動意外に、手先を使う作業は特に効果があるそうですよ!

そういった意味ではペンを使ってとくクロスワードパズルや、手先を動かして行なうゲームも、認知症予防になるのかもしれませんね。

1人暮らしの親が心配

2016 年 5 月 6 日 金曜日

1人暮らしの親が心配

1人暮らしの親が心配安否が不安だという人、結構多いんですよね。

統計で見ると、男性より女性の1人暮らしが圧倒的に多いです。

やはり平均寿命が女性のほうが長いからでしょう。また、男性の場合、妻に先立たれると、あまり長生きはしないようです。

逆に女性は夫が逝った後も、1人で穏やかに暮らしている方が多いようです。

とはいえ、高齢者の1人暮らしはやはり心配です。

怪我や病気、発作、そして火事なども心配ですよね。

最近は老人向けの宅配弁当も色々あって、安否確認をしながら食事を提供するサービスを利用する人も増えてきました。

通常食だけでなく、カロリー制限、塩分控えめ、ムースなどの食べやすい形にしてある食事など、ほんとにさまざまな形態の食事の提供を行なう宅配給食サービスもでてきました。

まずは情報を集め、どのようなサービスがあるかを知っておくだけでもいざという時の敏速な対応につながると思います。


出会い

介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
有料老人ホーム『入居一時金』  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント