スポンサードリンク

‘高齢者’ タグのついている投稿

家電での安否見守り 高齢者の見守りに湯沸かしポット

2017 年 11 月 9 日 木曜日

家電での安否見守り 高齢者の見守りに湯沸かしポット

 

家電での見守りは、今でこそ様々なものがあるようですが、やはり一番指示されているのは象印がはじめた、みまもりホットラインという湯沸しポットでの見守りだと思います。

 

象印が開発した専用の湯沸しポットを使った見守りです。

 

見守り機能のついたマイコンが内蔵されたポットは、レンタル品ですが、申し込むとすべて新しい商品が届きます。

 

届いたその日から使う事が出きて、使い方もとてもシンプルです。

 

水を足した時、お湯を使った時、お出かけボタンもあるので、外出した事も記録されます。

 

最新の情報を1日2回Eメールで送信してくれますし、みまもられる側(ポット使用者)の生活のリズムをグラフで見ることができるのも利点だと思います。

 

たとえば、毎日10時ごろにお茶の時間ををつくっているんだなとか、3時ごろによくお茶を飲

んでいるとか、リズムがわかると、異常を感じる事もできるのではないでしょうか。

 

※グラフを見るにはログインIDとパスワードが必要です。

 

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」

スマートフォンアプリを使った見守りはどう?

2017 年 10 月 15 日 日曜日
スマートフォンアプリを使った高齢者見守りはどう?
携帯電話会社のアプリケーションをダウンロードすることで高齢者の見守りや安否確認ができるサービスがあるらしいんですよね
今は何でもアプリなんですね
でも老人を対象とした見守りサービスを色々見ていると、携帯電話会社のアプリを使った見守りが一番コスパが良いような気がします。
低価格だったり、無料のものまでありますから。
たとえば、万歩計としての機能を使い、見守られる側が1日で歩いた歩数を、見守る側の携帯電話に、1日1回定期的に通知する事で、今日も元気に歩いているという事が判るんですよね。
でも、緊急事態が起きたときに知らせてくれるものではないです。
だから、緊急事態の発見が遅れるという可能性はあります。
でも、手軽な安否見守りとしてはいいカナとも思います。
できれば、毎日おはようコール、おやすみコールができればそれが一番ですけどね!

救急ボタンの付いたリストバンド(高齢者安否見守り)

2017 年 7 月 25 日 火曜日

救急ボタンの付いたリストバンド(高齢者安否見守り)

急に具合が悪くなったり、転んで転倒して動けなくなった時などを想定した、セコムの「マイドクターウオッチ」のサービスが始まりました。

救急ボタン」機能だけでなく、「転倒検知」機能もついている優れものです。

脳卒中や急な発作、階段や風呂場で転倒したり、突然意識が失われたとき、そのような体の動きを一定時間検出できないときにセコムに自動で救急通報してくれます。

自分でもボタンを押したり、ひもを引っ張ったりという見守りサービスはありましたが、手軽なリストバンド型時計型)で、自動で救急発信してくれるというサービスは今までなかったものです。

脳溢血や脳梗塞だと、ボタンを押すことも叶わないでしょう。

また、脳溢血や脳梗塞は時間が勝負。

処置までにどれだけの時間が経過しているかで、後遺症に大きな差が出てきます。

マイドクターウオッチがどれくらい力になるかはこれからわかっていくでしょうが、一定の効果は出てくるのではないかと思います。

「マイドクターウオッチ」単独では使えないのもネックです。

セコムのホームセキュリティサービスのオプションサービスだからです。

ただ、ポットによる見守りやガスなどの使用量で安否を見守るサービスでも月額3000円以上かかるので、比較検討の余地はありそうです。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト


出会い

介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
有料老人ホーム『入居一時金』  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント