認知症は人事ではない

認知症は人事ではない
認知症というと、徘徊老人のイメージがありますが、最近は「若年性アルツハイマー」も増加しているので、人事ではありません。
また、認知症になると一気にボケるわけではなく、症状は徐々に進行する方がほとんどのようです。
記憶喪失は、ある日突然以前の記憶がなくなるわけですが、認知症は虫食いのように記憶がところどころなくなって、その虫食いが大きくなってくると重症という事になるようです。
いまはかなりお薬の開発も進んでいて、症状の進行を遅らせることもできるようになって来ているようです。
アルツハイマーというと、昔は老人病、年寄り病のように言われていましたが、最近は「若年性アルツハイマー」も多くなってきています。
「私の頭の中の消しゴム」というタイトルの映画は、若年性アルツハイマーにかかった若い女性の話でした。
アルツハイマーの原因はよくわかりませんが、どのような病気でも、早期発見できれば早めに対策を講じる事ができます。
一定の年齢になったら、定期的に検査を受けておく事も大事です。

タグ: , , , , ,

コメントをどうぞ


高齢者見守りSECOM・ALSOK