高齢者の徘徊、自治体の取り組み

高齢者徘徊、自治体の取り組み

高齢者の徘徊、自治体の取り組みで多いのが、防災メールを登録している市民に、徘徊者発見の協力をお願いするというもの。

防災メールを登録している人に、徘徊者の発見要請メールを送り、近くに該当する人物がいないか、もしいたら連絡をお願いするものです。

発見後は、再度防災メールで発見しましたと報告があります。

ほとんどの場合見つかるので、警察にお願いするより早く結果が出るようです。

認知症の症状が出始めたら、GPS付きの端末を持たせることで、場所を特定するサービスもあるので、必要に応じて使い分けるといいかもしれません。

Tags: , , , , ,

Leave a Reply