高齢者の自宅リフォームいつ頃行うのが最適?(高齢者見守り)

高齢者の自宅リフォームいつ頃行うのが最適?(高齢者見守り)

高齢者の自宅リフォーム件数が増えているといいます。

考えてみれば、日本国内の人口の4人に1人が65歳以上という現在、それも当然のことかもしれません。

高齢者施設に入るよりも、長年住みなれた家に快適に住み続けたいというのは誰も同じではないでしょうか。

高齢者施設に入っても、なれない人たちとの共同生活はストレスもあると思いますし、一度入所してしまうと、なかなかでたり入ったりというのは難しいこともあります。

ではいつ頃リフォームを行えばいいのか。

人によって時期にはばらつきがありますがこれからどのように老後を送りたいかを考える時期、だいたい60代後半くらいが多いようです。

まだまだ元気なうちにバリアフリーにしたり、夫婦2人の生活、1人になったときの生活を考えていきます。

足腰が弱ってからリフォームに踏み切るのではなく、将来どんな生活を送りたいかを考えて、ちょっと元気なうちからリフォームに取り組むということですね。

夫婦が元気なうちはまだいいのですが、どちらか1人になった時は、見守りサービスの検討もしておきましょう。

湯沸しポットで安否確認する高齢者を対象にした見守りサービスもあります。
象印の見守りホットラインというサービスは、月額3000円ほどの利用料金で、見守る側に毎日定期的にポットの使用状況を知らせてくれます。

意外なのが、セコムアルソックのシニアサポート

象印の見守りポットと変わらないくらいの料金殻利用できるのですが、緊急時の駆けつけ対応まで付いています。

高齢者を対象ンしたサービスにはどのような安否家訓サービスがあって、どのくらいの利用料金なのか知っておくのも大事だと思います。

高齢者見守りセコムとアルソックを徹底比較

コメントをどうぞ


高齢者見守りSECOM・ALSOK